ホーム > 税務調査対策

税務調査対策

こんな悩みはございませんか?

  • 過去に税務署ともめたことがある為、税務調査が不安。
  • 税務調査を少しでも早く終わらせたい。
  • 出来る限り、税務調査官と自分は話したくない。
  • 税務調査官から言われることを全て受け入れてしまいそう。
  • 領収書や帳簿など必要なものを失くしてしまってどうしたらいいか分からない。
  • 脱税を行ってしまった。どうするべきか分からない。
  • 無申告状態の為、どうしたらいいのか・・・

書面添付制度を活用し税務調査を回避しましょう。


藤本龍税理士事務所では、税務調査を回避出来るよう「書面添付制度」を導入してます。

なお、税務調査に強い専門家であれば、税務調査時に調査官からの指摘を全て受け入れず、可能な限りお客様が有利に運ぶようギリギリまで対応させて頂きます。

●書面添付制度とは?
税理士が作成させて頂く、お客様の申請書へどんな項目について、どの資料をどれ程、確認したのか、そして、どうやって検討し判断したのか等を記載した書面を添付させて頂く制度でございます。

書面添付制度のメリット


書面添付をすることで、税務調査を行う際に税理士に対して書面添付の記載内容に関して意見を述べる機会が設けられます。
税理士が意見を述べることで税務調査官の疑問が解決した場合、税務調査が省略されるケースがございます。


万が一、税務調査が入ったとしても税務調査前に意見聴取がある為、調査される内容が明確になります。
また、事前準備が出来た状態で税務調査を行うことが出来る為、調査期間を短縮することが出来ます。


申告書や決算書は、基本的に税務署へ提出致します。
なお、借入金がある場合は、金融機関や取引先より提出を要求されるケースもございます。
通常、書面添付を行う際は、当たり前ですが申告する内容に虚偽がないことです。
また、書面添付がある申告書は、信頼性アップにも繋がります。


書面が添付されている法人に対しては、金利の減免等を与える金融機関もございます。