ホーム > 税理士を変えたい方へ

税理士を変えたい方へ

税理士を変えたい方へ

中小事業者と税理士は、一度お付き合いが始まると長いお付き合いになることが多いと思います。

しかし、税理士を変えることは簡単にできます!
顧問契約という形で契約を結んでいると、一見簡単には変えられないようなイメージがありますが、実際はそんなことはなく今の税理士に「解約したい」と伝えるだけで簡単に解約ができます。

顧問契約を結んだ税理士は、社外で会社のことを一番よくわかっているので非常に重要な存在です。
「どの税理士を選ぶか?」ということは、非常に大切なことですが、税理士を変更するという点だけ考えると、携帯の機種変更と同じように簡単にできるのです。

なかなか言い出しづらいことかもしれませんが、「変えたい」というなにか理由や原因が有る場合は、思い切って税理士を変えることも事業の継続には大事なことだと思います。
税理士変更を検討するタイミング例
  • 税理士に不満を感じた
  • 税理士事務所の担当者が変わった
  • 事業規模が大きくなった
  • 新規事業を開始した
  • 不得意分野があるように感じた
  • 税額確定がいつもギリギリになる
  • 税理士報酬の内容が不明瞭

変更するタイミング

変更するタイミングは、特にないといえるでしょう。変更は期中でも可能です。
ですが、一般的には税理士を変えるタイミングとしては比較的新しいことを始めやすい、決算が終わった段階を区切りにされることもあります。

ですが、期の途中の場合でも、決算が終わってからでなくても問題はありません。
今の担当税理士や税理士事務所に、やるせない不満があるのなら、できるなら早めに変えることをお勧めします。

今の税理士に変更したい旨を伝えると、「決算が終わってからの方がいい」などと言われることが多いかと思いますが、基本的には企業側としては、気にする必要はありません。

それでも心配だという方は、今の状況や今後の意向などを踏まえ、当事務所にお気軽にご相談ください。

税理士変更時の注意点

税理士の変更は簡単にできるのですが、注意点もあります。
税理士を変更する際の注意点
  • 顧問契約の内容確認
  • 次の税理士の手配
  • 預けてある資料などの回収