税理士 藤本龍ブログ

2016年6月30日 木曜日

法人設立で考えられるデメリット

法人設立のメリットは多数あります。
それらの良い点ばかり聞いていると、誰もが法人設立をしたほうが良いと錯覚します。
しかし、メリットばかりではありません。
今回は、法人設立で考えられるデメリットをご説明します。

まず、法人設立をすると必ず発生する税金があります。
それが、法人住民税です。
所得に応じて算定される法人税割と、所得に関係なく会社の規模に応じて算定される均等割の2つになりますが、均等割は赤字でも必ず毎年発生するランニングコストになります。

次に、健康保険と厚生年金保険への加入が義務となります。
保険料の半分は会社負担になりますので、従業員が増えれば増えるほど、負担が大きくなっていきます。

大阪市で法人設立をお考えの方は、当事務所がしっかりサポートさせていただきますので一度ご相談ください。

投稿者 藤本龍税理士事務所 | 記事URL

2016年6月28日 火曜日

法人設立の際の注意点について

当事務所は大阪市エリアを中心に法人設立サポートならびにコンサルティングを行っており、これまで数多くの法人設立に携わってきました。

法人設立のご相談をされる方の多くは、個人事業を長年されている方で、利益が一定し、顧客獲得も順調に行えているということが前提条件にあります。
個人事業からのスタートは実に新調であるというのが当事務所の見解ですが、ではもしも最初から法人化していた場合はいかがでしょう。

最初から法人化していた場合、残念ながら多くは失敗に終わっているのが現状です。
その根拠として法人化することで税金という負荷がかかるという点にあります。

順調に利益をあげている場合は、そこまで負担がかからないかも知れませんが、利益が不安定であった場合はリスクが高いと言えます。

投稿者 藤本龍税理士事務所 | 記事URL

2016年6月23日 木曜日

法人設立時の補助金を味方につけよう

何もない状態から何かを生み出そうとする時に、一番問題になるのが資金ではないかと思います。
今までの経営実績がないと、金融機関から融資を得るのはなかなか難しいのが事実です。
そんな時に心強い味方になってくれるのが、補助金なのです。

補助金とは、国や地方公共団体が民間に対して交付している資金のことです。
類似のものだと、給付金や助成金といったものもあります。

創業支援や研究開発への助成金、雇用に対する助成金など、法人設立時に使えるいくつかの補助金が存在しています。
これらの補助金の助けを得ることで、起業してから軌道にのるまでをサポートしてもらうことができます。

大阪市で多数の法人設立に関するサポートをしている当事務所なら、豊富な経験と知識でお客さまの起業をサポートいたします。
ぜひお問い合わせください。

投稿者 藤本龍税理士事務所 | 記事URL

2016年6月16日 木曜日

法人設立を成功させるには

当事務所は法人設立サポートを得意としており、大阪市をメインに多くの法人設立サポートを行い現在に至ります。

さて、これはあくまで当事務所の個人的見解ですが、起業される際にはいきなり法人化されるよりはまずは個人事業主としてスタートされることをご提案いたします。

その理由として、個人事業の場合は法人化と異なり税金や資金などお金のリスクが最小限にできるという利点があるためです。

実績を積み上げることに専念でき、安定的に利益をあげ、顧客を獲得できると今度は取引先などから社会的信頼度が要求される場合があります。
その時点ではじめて法人設立をご検討された方が賢明ではないでしょうか。
社会的信頼度や税金面を考慮するなら法人化をご検討されるのもひとつの方法であると言えます。

投稿者 藤本龍税理士事務所 | 記事URL

2016年6月14日 火曜日

創業者や小規模事業者の皆さまへ

当事務所は、大阪市にて起業支援や助成金申請のフォローを行っています。
創業者や小規模事業者のお客さまより、頼れる経営パートナーとの定評をいただいております。

法人設立のメリットや、懸念される問題点などを丁寧にご説明させて頂き、各種手続きをお助けします。
法人設立後は専門家としての知識と経験を活かし、ご相談者さまの業種や事業規模にみあった収支バランスであるかを考えながら、決算を行っております。
また、当事務所が得意とする銀行対策では、融資の交渉に同席させていただき、資金繰り管理表や決算についての説得力ある説明をします。

お忙しい小規模事業者の助けになれるよう、土日や夜間の相談も実施中です。
初回相談後の提案書と見積書提出までは、無料です。
お電話の上お気軽にご利用ください。

投稿者 藤本龍税理士事務所 | 記事URL