税理士 藤本龍ブログ

2015年12月21日 月曜日

法人設立時の資本金について

現在の会社法では、法人設立時の資本金額を自由に決めることができます。
しかし、自由に決められることとはいえ、極端に少ない資本金で会社を立ち上げることによるデメリットもたくさんあります。

まず、資本金とは、その会社の規模や財力を確かめる上で非常に重要なものになります。
そのため、あまりに少ない資本金だと会社としての信頼が得られずに取引先から契約を断られてしまう可能性もあります。
信頼が得にくいこともあり、金融機関からの融資が得られない可能性もあります。

また、少ない資本金の中から開業準備のために支出を行った結果、設立後すぐに債務超過になってしまうことも考えられます。
健全な会社運営を考えていくと適切な資本金額というものが見えてきます。

大阪市で法人設立をお考えの方は、ぜひお気軽にご相談ください。

投稿者 藤本龍税理士事務所

カレンダー

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31