税理士 藤本龍ブログ

2014年11月26日 水曜日

法人化をご検討中の個人事業主の皆様へ

当事務所には、大阪市を中心にSOHOや個人商店など個人事業主の皆様より法人化についてのご相談でお越しになられる方が大勢いらっしゃいます。

当事務所では、売上高が順調で且つ一定化している場合であれば法人化をご提案させて頂いております。

こうした個人事業主様は法人化される事で取引先との信頼を獲得しやすくなる上、融資も受けやすくなり、更には節税対策にもなるためです。

特に税金面において、所得のない役員に分配することで節税が可能であるというメリットがあり、家族を役員として経営しているケースも珍しくありません。
役員に分配するほど税率が低くなり、節税効果が期待できると言え、経費にできる範囲が広くなるのも法人化のメリットです。

投稿者 藤本龍税理士事務所 | 記事URL

2014年11月20日 木曜日

個人事業主から法人へ移行するメリット

個人事業から法人化を考える方も多くいらっしゃいます。
法人設立は個人事業に比べると開業手続きが複雑になりますが、状況によって法人化したほうがよいこともあります。
大きなメリットは、社会的信用と節税です。

法人化していると法人格という人格が認められます。
そのため、金融機関からの信用度がかなり高まります。
また、会社の基本情報も確認しやすいので取引先からの信頼も得やすいでしょう。
人材の確保にも良い影響をもたらします。
さらに、法人税は優遇政策が充実しているので、節税をしやすい利点も見逃せません。
赤字となった場合の繰り越しも7年間可能です。

しかし、法人設立を選択するには慎重にならなければならない面も多くあります。
大阪市周辺の方で法人化を迷われている場合は、当事務所にお気軽にご相談ください。

投稿者 藤本龍税理士事務所 | 記事URL

2014年11月17日 月曜日

法人設立ですべきこととは

法人を設立するには、定款の記載内容にも関わる、商号や事業目的、発起人、所在地、公告方法、資本金、発行可能な株式総数と1株あたりの価額、取締役、決算日、運営方法について、慎重に検討する必要があります。

また、事業内容によっては、許認可や届出も必要になるため、事前に調べます。
会社の印鑑、定款作成、資本金の払い込み、登記申請の書類作成も準備します。
定款を認証手続きし、設立後には、税務署や労働基準監督署、ハローワークなど関係各署への申請も必要です。

当事務所では、法人設立をお考えの方を多方面からサポートしています。
助成金のご利用などもアドバイスします。
大阪市近辺にお住まいで、手続きに不安のある方や個人にするか法人にするかお悩みの方、資金について不安をお抱えの方は、一度当事務所にご相談ください。

投稿者 藤本龍税理士事務所 | 記事URL

2014年11月10日 月曜日

登記前に気をつけたいこと

法人設立する場合、登記する前に注意したいことがあります。
定款作成に必要な事業目的については、後で追加が発生する度に料金が掛かるため、当初はしなくても、将来的にやるかもしれない事業内容についても記載しておきます。

また、資本金の振込みについては、できれば新しい口座にしておきます。
後日、振込みのあった通帳を法務局へ提出することになります。

このように、法人手続きには、気をつけたいことがいくつかあります。
当事務所では、法人設立をお考えの方にさまざまなアドバイスを行っています。

大阪市近辺にお住まいで、法人手続きでわからないことや設立に関して不安のある方、助成金の利用をお考えの方や設立後の会計や税務に不安のある方は、お気軽に当事務所にご相談ください。
豊富な経験とノウハウでサポートいたします。

投稿者 藤本龍税理士事務所 | 記事URL

2014年11月 4日 火曜日

法人化のタイミングについてご相談されたい方へ

当事務所のウェブサイト等で法人化するメリットについて何度かご紹介させて頂いていますが、今回は法人化のタイミングについてお話いたします。

当事務所にお越しになられる大阪市エリアを中心とした個人事業主様より、どのタイミングで法人化すればよいのかというご相談をよく頂戴します。
当事務所での事例をご紹介すると、長年個人事業主として経営していた方の場合、年間の利益が数百万円以上となったのを機に法人化されたというケースがあります。

法人化を急ぐ方の多くは節税や経費の範囲が広がるなどを理由としていますが、それらを理由に法人化を急ぐことはあまりお勧めできません。

何故なら法人化することで確かに節税もできますが、法人税や法人事業税などの税金が発生し、地方税の場合は、赤字であっても支払いが必要となります。

投稿者 藤本龍税理士事務所 | 記事URL