税理士 藤本龍ブログ

2014年9月29日 月曜日

個人事業と株式会社との違い

株式会社と個人事業には様々な面で違いがあります。
会社を設立するには、その違いをよく考えて踏み切る必要があります。

法人設立のメリットは、個人事業に比べ信用力が高いこと、総所得が一定額を超えれば税金を抑えることができること、資本金が1000万円未満ならば最大2年間消費税が免除されることなどが挙げられます。
また、個人事業にはない、役員の給与や生命保険料などが、経費として認められます。

反面、経営が赤字でも税金がかかる、決算手続きが複雑になるなどのデメリットがあります。
また、設立時に登記手続きが必要になります。

当事務所では、法人設立をお考えの方を様々な面からサポートしています。
大阪市にお住まいで、小売業や建設業、製造業、飲食業、美容業などをお考えの方は、お気軽に当事務所にご相談ください。

投稿者 藤本龍税理士事務所 | 記事URL

2014年9月24日 水曜日

メリットやデメリットを踏まえて法人設立を

売上の見通しがある場合や個人事業で業績が安定している場合には、法人設立をお考えになる方もあるのではないでしょうか。
法人設立をするには、そのメリットやデメリット、注意事項などを踏まえた上で進める必要があります。

例えば、資本金は1円でも良いのですが、社会的信用や銀行から融資を受けることなども考えて設定すべきです。
会社設立のメリットの一つとして、最大2年間は消費税が免除されますが、資本金が1000万円以上であると、1年目から消費税がかかります。
また、法人になると必ず社会保険に加入しなければなりません。
税金や経費の扱いも個人事業とは違いがあります。

当事務所では、法人設立をお考えの方を多方面からサポートしています。
大阪市にお住まいで、法人設立をお考えの方は、当事務所に一度ご相談ください。

投稿者 藤本龍税理士事務所 | 記事URL

2014年9月18日 木曜日

会社設立に助成金の受給を

会社設立をお考えの場合、まず準備のための資金が必要になり、資金調達について考えられるのではないでしょうか。
国や自治体では、会社設立をする方に様々な助成金を準備しているため、これを使わない手はありません。

当事務所では、行政書士などの各専門家と連携しているため、様々な助成金の申請もサポートしています。
例えば、5年以上雇用保険に加入している方が創業し、1年以内に雇用保険適用事業主となった場合には、受給資格者創業支援助成金として、創業経費の3分の1が上限200万円まで受給されます。
そのほか、中小企業基盤人材確保助成金や正社員化推進奨励金、派遣労働者雇用安定化特別奨励金などがあります。

大阪市にお住まいで、会社設立をお考えの方で助成金を利用されたい方は、お気軽に当事務所にご相談ください。

投稿者 藤本龍税理士事務所 | 記事URL

2014年9月16日 火曜日

助成金のご相談なら当事務所にお任せください

法人設立の際に助成金が受給できることをご存知ではあるものの、どのような種類がありどのように申請するのかご存じない方は意外に多いです。

会社設立の際には自己資金や銀行からの借り入ればかりでなく、助成金を利用するのもひとつの方法であると言えます。
特に助成金は返済不要なお金であることから助成金を利用することを是非お勧めいたします。

助成金には中小企業基盤人材確保助成金や受給資格者創業援助助成金など様々な種類の助成金があり、申請につきましては行政書士や社会保険労務士と連携しサポートさせていただきます。

最後になりますが、当事務所は会社設立や事業継承、節税などを得意分野としており、特に大阪市にお住まいで会社設立される方からのご相談を多数頂戴しております。

投稿者 藤本龍税理士事務所 | 記事URL

2014年9月11日 木曜日

法人設立のご相談をご希望の皆様へ

当事務所には大阪市エリアにお住まいの方を中心にSOHOやフリーランスなど個人事業主の皆様から法人化についてのご相談を多数頂戴しております。

法人化は社会的な信頼度が増し、融資も受けやすく、経費が認められやすいなど魅力がありますが、一方で会社設立費用を外部委託した場合に数十万円の費用が発生するケースや、法人県民税ならびに法人住民税が赤字であった場合でも発生するなどのデメリットもあります。

また、法人化することにより書類が増えるため事務的コストが増大し、パソコンの台数を増やすまたは会計ソフトの導入などを視野に入れる必要もあります。

法人化することで税金面が複雑化するのは確かですが、少しでも本業に専念するためにも税金面や経理面のサポートは是非当事務所におまかせください。

投稿者 藤本龍税理士事務所 | 記事URL