税理士 藤本龍ブログ

2013年4月30日 火曜日

法人設立する場合に助成金を受給する

会社を設立するときに、助成金を受給することができるということをご存知の方もいらっしゃるかもしれません。
受給できる主な助成金はというと、中小企業基盤の人材確保助成金や受給資格者の創業支援助成金、均衡待遇や正社員化推進の奨励金、派遣労働者の雇用安定化に対する特別奨励金といったことや、震災被害者の方、高齢者や障害を持っている方たちに対しての助成金などがあります。
これらの助成金を受給するためには申請手続きが必要となってくるため、当事務所では、専門家である行政書士の方や社労士などの方たちと連携して、しっかりとサポートさせていただきます。

会社設立をしてからは、業績を上げるために少しでも節約しようと節税をしていると、思うように会社運営をすることが出来ずにいて、経営難に陥らないとも限りません。
何が必要かどういった方策をするのがベストなのか、我々も一緒になって考えてアドバイスをさせていただきます。

また、会社運営をしていく中で、事業を承継させていくことも重要なこととなります。
今ではM&Aといって、合併や買収をして解決するケースが増えてきていますが、我々は後継者が名乗りを上げてくれたり、一族で会社経営をしていく方法ができるのであれば、その方がいいと考えています。
会社を継続して経営していくための様々な場面において、当事務所はサポートさせていただきます。

投稿者 藤本龍税理士事務所 | 記事URL

2013年4月30日 火曜日

資金のことで悩まれている方はご相談ください

法人設立以外にも、資金繰りの管理に悩まれている方は、泉佐野市にある当事務所にご相談ください。
お一人で、あれやこれやと悩むのはよくありません。

フットワークの軽さをモットーとしている当事務所では、資金の借り入れに金融機関へ出向く場合には必ず同行いたします。
たとえ厳しい状況下であったとしても、得意分野でもある交渉力で融資していただけるよう頑張らせていただきます。
また、資金の管理表や決算書の工夫の仕方、銀行との付き合い方などもアドバイスいたします。
他に融資を有利に進める上でのアドバイスとして、融資を受ける銀行の情報などといった細かなフォローもさせていただきます。
もちろん、事業の計画書やわかりやすい決算書などといった様々な書類の作成も行っていきますので、安心してお任せください。

夢を持って事業を立ち上げたからには、何とか成功させていきたいと誰しもが考える事かと思います。
夢を諦めないためにも、気軽に相談していただきたいと思っています。

投稿者 藤本龍税理士事務所 | 記事URL

2013年4月30日 火曜日

法人設立をされる方のためのサポートをいたします

泉佐野市にある当事務所は、小売業や建設業、飲食業、製造業、美容業、他に医療などとといった業種を得意としております。
このような業種の中で、この数年業績もよく今後も売り上げが伸びていく可能性が高いと思われる個人事業主の方たちで、法人として検討されているのであれば気軽にお電話していただき、すぐにでも訪問して現状などお聞きして、提案書と見積書を無料で提出させていただきます。

夢を実現させようと事業を起こしたけれども、資金の面で上手くいかずに廃業となってしまうことも多数あります。
個人としてだとたとえどんなに上手くいっていても、どうしても資金繰りのことばかり考えてしまい、事業を軌道に乗せることが難しいと思ってしまいます。
そのため、法人設立をして業績のことだけを集中して考え、3年をなんとか切り抜くことができれば生き残っていくことも可能となります。
この3年が会社を起こしてからの勝負となり、乗り越えることができれば経営者としての夢がやっと叶えられることにもなります。

夢をあきらめずに、コツコツと頑張って売り上げを伸ばし、ぜひ会社を大きくして安定した経営ができることを願っています。
フットワークの軽さが自慢の当事務所は、そのためのお手伝いをさせていただきます。

投稿者 藤本龍税理士事務所 | 記事URL

2013年4月27日 土曜日

法人設立を考えている方は当事務所へご相談を

個人経営から、法人として開業をされた方がいい場合というのはいくつかあります。

個人事業をされている方で、数年間業績も安定していて、この先まだまだ伸びていくであろうと思われている方であったり、今後の売り上げ見通しもしっかりと出来ていてそれが確実であったり、また取引先から今後の取引の条件として、株式会社としてならばと要求されているといった場合でしたら、法人設立に向けてぜひ検討していただくのがいいかと思われます。

法人になるメリットとしては、個人事業として経営していた時よりも、信用の度合いというものは確実に高くなり、取引をしていく上でも優位となります。
そして、株式となって利益が増えていくことになっても、税務の負担は比例税率によってあまり変わりません。

デメリットの部分というのは、個人経営の時よりも様々な手続きをしなければいけなくなるということになります。
まず登記の手続きが発生し、決算の手続きが今までより大変になります。
株式となってからの経営が黒字であればいいのですが、もし赤字になってしまったとしても、税金というものは発生し必ず納めていかなければなりません。

当事務所では、法人として設立を考えているけれども、今一歩踏み出せずにいる事業主の方のために、少しでもお力添えができればと考えておりますので、気軽にご相談していただきたいと思います。

投稿者 藤本龍税理士事務所 | 記事URL

2013年4月25日 木曜日

泉佐野市で法人設立や資金繰りのことを相談するには

当事務所では、開業支援や資金繰りについて、また税務調査や決算代行などをしております。

借りられるお金によって会社の規模も違ってきますので、確実でしっかりとした資金繰りの支援と、税理士としての経験豊富なノウハウによる分析力や、フットワークの軽さというものが我々の強みです。
融資を受けに行く際には、我々税理士も必ずお客様に同行していきますので、安心してお任せください。

資金調達に関しては、税理士事務所設立までに様々な経験をさせていただき、そして今まで培ってきたノウハウを元に当税理士事務所では、中小企業のサポートを主にさせていただいております。
我々税理士を本当に必要としている法人の方たちのバックアップをしていきたいという思いと、一緒に魅力のある会社づくりのお手伝いをさせていただけたらと思っております。

資金繰りのことで悩まれていたり、法人設立を検討しているのだけれどという方など、当税理士事務所へまずは気軽にご相談していただきたいと思います。
ご連絡いただければ、直ぐにでも訪問させていただき、現状をお聞きしましたら提案書と見積書の方を提出させていただきます。

投稿者 藤本龍税理士事務所 | 記事URL