ホーム > 初めて税理士をお探しの方へ

初めて税理士をお探しの方へ

税理士の使い方で、会社は変わります!

税理士は、一般の方には馴染みの薄い存在かも知れませんが、会社を設立したときや事業が本格稼働し始めたときなど、誰しも税理士事務所との契約を考え始めるかと思います。そして、いざ会社を設立して事業を始めるとなると、税理士は企業経営の様々な局面で非常に頼りになる存在です。

なぜならビジネスには、売上を拡大して利益を獲得する営業活動を行っていくだけではなく、経理や決算、申告といった事務業務がどうしても必要となり、知識や経験が必要な大変な作業であることがイメージできるからでしょう。
税理士事務所の業務例
  • 決算業務
  • 税務調査立会い
  • 記帳代行

決算業務について

事業を開始すると、個人・法人にかかわらず、一年に一度、年間の収入・支出を計算し、算出した利益(赤字の場合は損失)に基づいて税額計算を行い、申告と納税をする義務があります。

決算書の作成自体は、税理士以外でも行なうことができますが、
決算申告(税額を計算し、申告書を作成し提出すること)は、「税務書類の作成」にあたり、税理士の独占業務となります。

決算書の作成および申告は、ほとんどの税理士が行なうことができるのですが、決算申告期限前にあらかじめ税額を予測し、納税資金の対策まで行なう税理士事務所と、業務的に決算書を作成し、多額の税金が発生することがわかってから、納税期限の直前に金額をお伝えするという税理士事務所もあります。

私どもは、依頼主様のことを第一に考え、早めの決算事前対策や税額の予測など行なっておりますので、ご安心いただけるかと思います。

税務調査立会い

事業を継続していると、数年に一度、税務署による税務調査が入ることがあります。
しかし、税務調査が入った場合、税理士不在の状況で、会計や税務の知識を持たない方のみで、税務署と対峙することは非常に困難なことです。
そこで、税理士が経営者の皆様に代わり、税務署とのやり取りおよび準備を行い、税務調査の現場にも立ち会いも行います。

これも「税務代理」といって、税理士の独占業務です。

記帳代行

記帳代行とは、毎月発生する様々な経理上の取引に関する資料を整理し、データ入力を行なう作業のことです。

<記帳代行の流れ>
領収書・請求書・預金通帳などの整理・仕訳 ⇒ データ入力 ⇒ 試算表の作成 ⇒ 決算書の作成 ⇒ 決算申告

領収書の整理からご依頼いただく場合や、現金出納帳の作成、入出金伝票の作成からいただく場合や、データ入力だけ依頼いただく場合と、その関与度合いも変更が可能です。

まずはお悩みのご状況をお伝えいただければ、最適な程度をご提案させていただきます。

成長していく企業では、税理士報酬を単なるコストとは考えません

上記に業務例をあげましたが、実際、税理士事務所が行う業務は、事務所によって様々に違っています。

経営者が税理士に依頼をする際、会計や決算を申告のためにだけ「仕方なく行うだ」と考え、それに対応する税理士事務所側も機械的処理に終始する、このような関係なら税理士報酬はできるだけ、削減すべきコストのひとつでしかなくなってしまいます。
しかし、税理士の使い方で会社は格段に強くなれるのであり、未来の成長を真剣に考える企業にとっては、このような関係はお勧めできません。

私どもは顧問先の企業ごとに、最適なサポートを行うことを主軸にしております。

機械的処理のみで対応するのではなく、きめ細やかな関係を目指し、経理や会計、税務申告といった判断のベース作りを大切に行いながら、そこから派生する経営支援等も積極的にサポートしております。

成長していく企業は、顧問の税理士事務所と綿密な関係が築かれ、経営に貢献できる付加価値サービスが提供され、より互いの好循環の関係が生まれてきます。
このような好循環の良い関係が出来ている企業にとって、税理士報酬はコストとは、考えないかと思います。